パチンコは違法!? 〜パチンコの法律は一体どうなっているの??〜

新着、オンラインギャンブル情報!




日本語対応オンラインカジノ【ラッキーニッキ―カジノ】新規オープン!




 ラッキーニッキ―カジノ


 初回入金額×100%」 + 「フリースピン30回転」 + 「2nd入金 & 3rd入金」





 2017年2月、日本語対応のオンラインカジノが、”新規オープン” 致しました!


 【ラッキーニッキ―(lucky niki)カジノ】 は、ヨーロッパで人気の、
 【EU Casino】 を、提供している、『Skill On Net社』 が、
 ”日本の味を取り入れたゲームサイト” を、独占リリースした、オンラインカジノです。


 遊べるゲームは、近年、大変評価の高いゲームソフト、『Netent』 をはじめ、
 マイクロゲーミングなど、複数のソフト会社のゲームが、お楽しみいただけます♪


 気になる、初回入金ボーナス等は、
(各回、ボーナスコード:”YES” を、ご入力ください!)



初回100ユーロまでの、100%マッチボーナス/フリースピン、”30回転
2nd100ユーロまでの、50%マッチボーナス/フリースピン、”50回転
3nd100ユーロまでの、50%マッチボーナス/フリースピン、”70回転



 ラッキーニッキ―カジノは、当サイトでおすすめしています、
 ウィリ○○ヒル社の、日本担当マネージャーが、移籍した後にオープンした、
 信頼のおけるオンラインカジノで、クレジットカード入金も可能です。


 また、ウェルカムボーナス以降も、日々のボーナスが充実していますので、
 ご登録後、是非、『プロモーション』 → 『日替わりプロモ』 にて、ご確認ください♪
 (特に、”フリースピン” が、充実しています!)








【ラッキーニッキ―カジノ】メールサポートは、”16:00〜23:00(jst)”、日本語対応です!(電話サポートもアリ)





【luckyniki Casino】 詳細情報!





パチンコは違法!? 〜パチンコの法律は一体どうなっているの??〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず、最初に確認していただきたいことしまして、
パチンコは特別法で認められているわけでなく、”賭博ではない” ということです。

 

 

もう少し分りやすく言いますと、パチンコは、風営法の下に管理されている、
遊戯” であって、賭博ではないというのが、国や法律上での考え方となっております。
(どう考えても、賭博ですが、お上の言うことには逆らえませんので...)

 

 

では、何故パチンコ店の出玉で換金できるのかと言いますと...
(直接パチンコ店が出玉を現金等に交換することは、風営法で禁止されています)

 

 

パチンコ店の出玉を換金できるのは、”三店方式” といった特殊な仕組みがあるためであり、
パチンコ店景品交換所問屋” が、完全に独立した運営をしていることを前提として、

 

 

まず、お客はパチンコ店にて出玉を、”景品” に交換します。
(概念的には、お金に換える景品と、タバコやお菓子は同一のものということです)

 

 

そして、われわれお客は、パチンコ店で渡された景品を、”景品交換所” で、現金と交換します。

 

 

その後、景品交換所は景品を、”問屋に卸し” 、
パチンコ店は、問屋から、”景品を買い取る” こういった、特殊!? な仕組みがあるからです。

 

 

こうみてみると、はっきり言って、完全に茶番としか思えませんが、
三店方式については、摘発もされませんし、違法となった判例もないのが現状です...
(パチンコ店の敷地内に景品交換所がある場合でも、スルーですからね)

 

 

※ 当ページでは、分りやすく説明するという趣旨で作成されているのため、
  細かい専門用語や解説などは、省略させて頂いております。

 

 

 

 

 

もう少し深く考えると...!

 

 

 

 繁華街などにある、”闇カジノ” と呼ばれるものも、
 この、”三店方式が適法であるとすれば” 摘発されることはありません。

 

 ただ楽しくカジノゲームをプレイして、店内で払い受けたチップを景品に交換し、
 景品交換所で現金に換金する...
 パチンコ店と同じ三店方式で営業したとしても、確実に摘発され、お咎めを受けてしまいます。

 

 

 全国各地に、飲食店という名の、”売○宿” といったものが堂々と運営(目の前に交番)しておりますが、
 風営法を取っていないお店では、音楽を鳴らして、客が肩を揺らせば、摘発される...

 

 

 パチンコ店運営における三店方式の黙認は、許されるべきなのでしょうか!?
 (クラブの風営法の事例は、あまりに理不尽過ぎる摘発です...)

 

 

 ※ パチンコ店運営の、三店方式を適法とする判例はありません...過去に適法としたような判例もありますが、
   その事例では争点が異なっており、適法とは判断できないとの、法的解釈です。

 

 

 

 

 

最後にもうひとつ!

 

 

 

 少し観点は変わりますが、海外のギャンブル(カジノやスポーツブック)などでは、
 還元率の公表は義務付けられておりますが、
 日本のパチンコ店において、還元率の公表は義務付けられておりません。
 (定義上は遊戯なわけですから、当然ですが...)

 

 

 そこで、パチンコ店の還元率について少し考えてみると...

 

 

 一般的に、パチンコの還元率は、”80%程度” だと言われますが、
 これは、メーカー発表の『機会割』 と、パチンコ店での『換金率』 を元に出した数字です。
 (『機械割:93%』 × 『還金率:86%』 = 『還元率:80%』)

 

 

 これは、完全にパチンコ店よりの人間の謳っている数字であり、いささか疑問が残ります。

 

 

 そもそも、還元率とは、”実際にお客が賭けた額” と、”実際に、店がお客に支払った額” の割合であり、
 過去の数字をいうものですので、こういった数字を出してくるのが、間違っております。

 

 

 また、この80%という還元率は、以前からほとんど変わらない数字であり、
 1円パチンコのなどの出現等で、利益自体が減少しているパチンコ店において、
 以前と同じ還元率のままなら、どうやって運営しているのか...といった、ところです。
 (実際には、”40%にすら満たない” といわれているのが、現状です)

 

 

 個人的意見としましては、真っ黒な印象しか受けない、パチンコ店...
 今後もあなたはプレイし続けますか!?

 

 

 

 

 

 

 

海外のオンラインギャンブルは、還元率公表は義務であり、”90%以上” が、一般的です!(宝くじ:60%程度)

 

 

 

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

 

 


 
トップページ ポーカールーム オンラインカジノ スポーツブック 海外口座マニュアル